岡山

岡山の農マル園芸でイチゴ狩り!2019の時期とアクセス方法は?

農マル園芸でイチゴ狩り

岡山でイチゴ狩りといえば、農マル園芸。

といえる位、人気のある「道の駅風」いちご狩りスポットですが、

どうせ行くのなら、イチゴの美味しい時期を狙って行きたいですよね。

そこで、今回は農マル園芸にイチゴ狩りに行くおススメの時期とアクセス方法についてお伝えします!

2019年イチゴ狩りのおススメ時期は?

今年、岡山でイチゴ狩りに行ってみようと思っているあなたにおススメしたい時期は、

1月中旬です。

今となっては、12月から5月くらいまでイチゴを食べることができて、イチゴ狩りもその期間中、ずっと営業していますよね。

農マル園芸さんも2019年のいちご狩りを以下の期間と発表しています。

では、なぜ1月中旬がおススメか?

その理由は、以下の3要素が関係しています。

  1. 気温=収穫されるまでの日数
  2. 日照時間
  3. 株の状態

まず、イチゴは果実が実ってから収穫されるまでの期間が長いほど糖度が増します。

そして、その収穫までの期間を左右するのが、気温。

低いほど長くなるんですね。

でも、年間でもっとも寒い日が続くのは、2月。

だったら2月のほうが・・・

そこで考慮すべき残り2つの要素:「日照時間」と「株の状態」が出てくるわけです。

2月は確かに気温が低く、糖度の高いイチゴができそうですが、

12月はクリスマスケーキ、1月は初物としてスーパーにたくさんのイチゴが並んでいますよね。

需要の高い時期にたくさん収穫されるため、2月の時点では、イチゴたちの株がやや消耗してしまっているんです。

これが、最も寒くなる2月上旬のちょっと手前の1月中旬が最も美味しい!

という根拠です。

2月は寒いし、3月になると暖かすぎます。

3月は、春休みと重なるため混雑します。

だからやっぱり1月がベスト!

岡山の農マル園芸へのアクセス方法は?

車社会の岡山県民であれば、車でパッと行けてしまう農マル園芸さん。

農マル園芸の住所は、

〒719-1164 岡山県総社市西郡411-1

グーグルマップでも確認してみてください。

車で行く場合

国道429号線と県道270号線が交わる「国分寺西」から西に700メートルほど行った左手にあります。

県道270号線には、「ドッグラン」「いちご狩り」と書かれた大きな看板が設置してあるのですぐにわかります。

大型バスも乗り入れできるくらい大きな駐車場(収容台数300台)があります。

公共交通機関で行く場合

ハッキリ言うと、公共交通機関では行かない方がいいです。

なぜなら、農マル園芸は「道の駅」のように産地の直産品など、イチゴ以外にも持って帰るものが増えることが多いからです。

どうしても車では行けない場合、以下の駅からタクシーを利用してください。

JR桃太郎線「東総社駅」が最も距離的に近く、約3キロです。

JR伯備線「総社駅」または「清音駅」からは、約4キロです。

概算料金は、1,000円程度です。

駅にタクシーが待機している場合は、そのまま乗れば良いですが、いないときのためにタクシー会社のTEL番号をいくつか列記しておきますね。

美袋交通(みなぎこうつう):0866-92-1234

備北タクシー(びほくタクシー):0866-92-0185

日の丸タクシー(ひのまるタクシ):0866-98-1288

総社両備タクシー(そうじゃりょうびタクシー):0866-92-0381

帰りの時間を決めることができるなら、往復でお願いしても良いかもしれません。

農マル園芸の営業時間や予約方法は?

農マル園芸の基本的な情報もお伝えしておきますね。

まず、営業時間ですが、冬は夏よりも営業時間が短く、朝9時から夕方4時までです。

注意:イチゴの赤い実がなくなると、そこで営業終了となります。

2019年1月14日までは、当日受付だけ(先着順)なので早めに現地に到着するようにしましょう!

1月15日以降は、予約を受け付けています。(当日の予約はできないそうです)

TEL番号は、0866-94-6755

オンライン予約は以下のリンクをクリックして、「オンライン予約」ボタンへ。

農マル園芸のいちご狩りページ

料金は、大人1,800円、子供1,500円、幼児1,000円です。

※大人:中学生以上、子供:小学生、幼児:3歳~小学生未満

3歳以下は無料です。

まとめ

岡山でイチゴ狩りと言えば、「農マル園芸」がぱっと頭に浮かぶくらい有名なスポットになりました。

スーパーに並ぶ佐賀や熊本県産のイチゴを楽しむのもいいですが、フルーツの美味しい岡山でイチゴ狩りを是非体験してみてください。

復習すると、2019年岡山の農マル園芸さんでイチゴ狩りをするのは、1月中旬がおススメです!

できる限り車で行って、道の駅を楽しむように岡山(総社)の特産品をたくさん積んでもOKな状態にしておくといいですね。

ちなみにイチゴをさらに美味しく食べるための練乳を持ち込みすることは禁止されています。。。

時期によりますが、6種類(べにほっぺ、さちのか、あきひめ、かなみひめ、おいCべりー、かおりの)のイチゴが味わえるので、食べ比べるすためにも練乳をかけるような邪道な食べ方はしてほしくないのかも・・・

練乳は、確かに美味しいけど、イチゴ本来の甘さを味わってみてくださいね!