スポーツ

大迫傑(おおさこすぐる)選手のシカゴマラソンラップタイムを調査!

大迫傑選手マラソンラップタイム

こんにちは、豆太郎です!

大迫傑選手が2018年10月7日に開催されたシカゴマラソンで日本新記録を出しましたね!

なんと2時間5分50秒。

僕のハーフマラソンの記録より5分も早い!! 僕の2倍以上の速さで2倍の距離を走っているってことかぁ~。

僕はフルマラソンは走ったことがないので、ペース配分が全くつかめないですね。

マラソンランナーであれば、絶対に気になると思う大迫傑選手のシカゴマラソンでのラップタイムなどを調べてみました。

大迫傑選手シカゴマラソンのラップは?


42.195キロ(26マイル385ヤード)を2時間5分50秒で走ったという結果だけでは、マラソンランナーのあなたは満足しないですよね~。

5キロ刻みでどんな速度で走っていったのか、是非知りたいところです。

大迫選手のラップは以下の表の通りです。

スプリット 時刻 経過時間 区間タイム 時速(キロ)
5キロ地点 7:44:54 am 14分53秒 14分53秒 20.165キロ
10キロ地点 8:00:13 am 30分12秒 15分19秒 19.602キロ
15キロ地点 8:15:08 am 45分07秒 14分56秒 20.101キロ
20キロ地点 8:29:52 am 59分51秒 14分44秒 20.374キロ
ハーフ地点 8:33:06 am 1時間03分04秒 3分14秒 20.406キロ
25キロ地点 8:45:20 am 1時間15分10秒 12分15秒 19.135キロ
30キロ地点 8:59:48 am 1時間29分46秒 14分28秒 20.761キロ
35キロ地点 9:14:18 am 1時間44分17秒 14分31秒 20.680キロ
40キロ地点 9:29:01 am 1時間58分59秒 14分43秒 20.406キロ
ゴール地点 9:35:51 am 2時間05分50秒 6分51秒 19.248キロ

スゲェ~、日本新記録を打ち出したイケメン大迫傑選手は、5キロを14分台で走るんだ!

ということは、1キロを2分53秒~2分58秒くらいのペースで走っていることになります。

短距離ならともかく、このペースを2時間継続するってのは、並大抵の努力ではできないですよね。

2時間と聞くと、短く感じるかもしれませんが、ビギナーであれば6時間超える距離ですから。。

では、そのシカゴマラソンで優勝し、欧州新記録を出したモー・ファラー選手と比較してみたいと思います。

モー・ファラー選手と大迫選手のタイムを比較!

優勝したモー・ファラー選手のフルマラソンのタイムは、2時間5分11秒でした。

大迫選手より39秒早くゴールインしたわけです。

では5キロごとで比較してみましょう!

左側が3位だった大迫選手、右側が優勝したモー・ファラー選手です。

スプリット 区間タイム(大迫選手) 区間タイム(ファラー選手) 時速キロ(大迫選手) 時速キロ(ファラー選手)
5キロ地点 14分53秒 14分54秒 20.165キロ 20.149キロ
10キロ地点 15分19秒 15分18秒 19.602キロ 19.618キロ
15キロ地点 14分56秒 14分55秒 20.101キロ 20.133キロ
20キロ地点 14分44秒 14分47秒 20.374キロ 20.294キロ
ハーフ地点 3分14秒 3分14秒 20.406キロ 20.439キロ
25キロ地点 12分15秒 12分15秒 19.135キロ 19.151キロ
30キロ地点 14分28秒 14分27秒 20.761キロ 20.793キロ
35キロ地点 14分31秒 14分31秒 20.680キロ 20.680キロ
40キロ地点 14分43秒 14分30秒 20.406キロ 20.712キロ
ゴール地点 6分51秒 6分25秒 19.248キロ 20.551キロ

このように細かく比較してみると、35キロ地点まではほぼ互角の戦いです。

しかし、最後の7.195キロで、差が広がっていることがわかりますね。

エリート・ランナーになると、この微差を縮めるには大変な苦労が必要なのかもしれませんが、僕ら素人からすると、すぐに追い越せそうな気がします。

東京マラソンに出場する招待選手は?

2019年3月3日(日)に開催される東京マラソンには、ペースメーカーとして海外から優秀な選手を呼んできます。

その中に、残念ながらモー・ファラー選手の名前はありません。

大好きなんだけどなぁ~。

だって、見てよ!このゴールシーン!!

まぁ、それは仕方ないとして、

以下の選手が走る予定になっています。

お名前 国籍・所属 年齢 自己ベスト
ビルハヌ・レゲセ エチオピア 24 2:04:15
ディクソン・チュンバ ケニア 32 2:04:32
エルハサン・エルアバシ バーレーン 34 2:04:43
セイフ・トゥラ エチオピア 21 2:04:44
ノバート・キゲン ケニア 26 2:05:13
ギデオン・キプケテル ケニア 26 2:05:51
デメタドゥ・アバテ エチオピア 21 2:06:47
ビダン・カロキ ケニア・横浜DeNA 28 2:07:41

2月20日に招待選手のNo1ケネニサ・ベケレ(自己ベスト2:03:03)とNo2マリウス・キプセレム(2:04:04)が欠場することになったのはとても残念です。

上記のようなスゴイ選手が海外から来てくれるだけで東京マラソンも盛り上がりますね!