スポーツ

春日部共栄高野球部が選考辞退したら・・・出場できる補欠校は?

春日部共栄センバツ辞退 画像

こんにちは、豆太郎です!

埼玉県春日部市の春日部共栄高校の野球部のニュースが話題になっていますね。

現時点では、センバツ有力候補としてあがっていた春日部共栄高ですが、今回の件を発端として別の高校が繰り上げでセンバツの出場権を得るなんてことがあるんでしょうか?

僕は、野球部ではなかったので、一生懸命練習してきた選手たちの本当の気持ちは想像もできないですが、もしこのせいで春のセンバツに出られなくなったらとってもかわいそう。

関東大会で準優勝という成績を残しただけに、地元埼玉では期待の星だったはず。

このまま出場してくれることを心から願っています・・・

が、仮に僕が補欠校に通う高校球児だったら、センバツ出場できるかもしれないとソワソワしているような気がするんですよね。

というわけで、繰り上げして出場できる可能性のある高校を調べてみました!

【2019年春の選抜】関東・東京地区出場枠6校の有力候補は?

今年のセンバツ高校野球で関東・東京地区の出場枠は、6校です。

有力候補は以下の高校で、この中にいま話題の春日部共栄高校が入っているわけです。

出場校の選考基準は、2018年の秋に行われた地区大会で優秀な成績を残した高校でからですね。

【関東地区大会ベスト4】

  • 桐蔭学園(神奈川)
  • 春日部共栄(埼玉)
  • 習志野(千葉)
  • 山梨学院(山梨)

【東京都大会優勝】

  • 国士館(東京)

例年、関東地区から4校、東京都大会優勝校は出場しているので、この5校は確実

「じゃあ残り、1校はどこか!?」

というのがポイントだったわけですね。

春日部共栄高がセンバツ辞退もしくは選考から外れたら

もし春日部共栄が辞退、もしくは選考から外れてしまうという事態になってしまったら・・・

出場校として選ばれる高校の最有力候補は、

佐野日大(栃木)です!

関東地区・東京地区からは6校枠がありますよね。

だから、もともとさっきの5校プラスあと1校。

それは、東京都大会で僅差で負け、準優勝だった東海大菅生がもともとの出場候補でした。

その次の候補として考慮されたいた高校、それが今回「もしかしたら・・・」出場候補になれるかもしれない佐野日大だったんですね。

関東大会ベスト8に入っていた、前橋育英(群馬)と横浜(神奈川)は、コールド負けだったので、候補から除外されるだろうという理由です。

2019年春の選抜出場校の選考委員会は1月25日(金)ですから、明日からの動きから目が離せませんね。

これまで頑張ってきた春日部共栄ナインのことを思えば、このまま無事にセンバツ出場できることを願うばかりですが、ときに大番狂わせがやってきて、そのまま補欠校が甲子園で優勝なんかしたりすると、ストーリー的には面白いんですけどね。

いや、ストーリーを考えると、春日部共栄ナインがこの苦境を乗り越えて甲子園で優勝!

これが一番美しいか。

ほんとスポーツってドラマやね。

僕も運動不足だから、スポーツ観戦ばかりしていないで、ジョギングでもしようかなぁ~。