静岡の夜景遺産で富士山を堪能!

静岡県に行くならどこからなら富士山が綺麗に見えるの?

地元の人のお勧めはある?

静岡県を通過する時、新幹線を利用する人の多くは、富士山側の座席に座る人も多い。

実際に静岡で富士談を楽しむ場所をお勧めしていく中で、学ぶ、楽しむ、遊ぶを考えたスポットをご紹介しています。

前回の記事では、夜景としてプラネタリウムを楽しむこともできるスポットをご紹介してきました。

天体観測気分も楽しめる富士山を眺めるスポット

今回は、静岡県静岡市清水区にある清水エスパルスのメインスタジアムのある日本平からの眺望をご紹介していきます。

富士山眺望としても夜景としてもおすすめ

日本平は、ロープウェイもある静岡市清水区の観光スポットの1つ。

日本平アクセス情報

情報 詳細
住所 静岡県静岡市清水区草薙597-8
営業時間
午前9時10分から午後5時15分

午前9時10分から午後4時15分
ロープウェイで下る場所 久能山東照宮
利用料金(往復) おとな1100円
小学生550円
電話番号 054-334-2026

アクセスとしては、レンタカーを借りながら、駐車場を目指すのもお勧めなんです。

日本平には2ヶ所の名所があります

日本平には、吟望台と東展望台という2ヶ所のスポットがあります。

富士山を眺める事が出来るのが、東展望台というエリア。

富士山だけでなく、清水の夜景と港があること。

さらに、清水のドリームプラザにある観覧車と海を同時に楽しめるのが、日本平の特徴でもあります。

地元では夜景の名所

特に眺望として注目して頂きたいのは、できれば夜景をセットにした風景です。

夜景と富士山という組み合わせはなかなか楽しめる場所が少ない静岡県。

中でも静岡市内で楽しむなら、やはり車にて向かって、徒歩3分程度の距離でㇲの出、十分楽しめる場所になると思います。

富士山眺望と合わせてお勧めしたい持ち物

カメラなどを持ち歩く人も最近は増えました。

しかし、夜景を楽しむという形で富士山の眺望を楽しまれる方にお勧めしておきたいのが、懐中電灯を持つ事。

もちろんスマホのスポットライトでも大丈夫です。

でも、歩きなれない場所にて落とす心配を考えていくと、できれば簡易型でもいいので足元もかなり暗いのが特徴ですから、懐中電灯を使って移動することをお勧めします。

 

日本平までのおすすめルート

静岡観光を兼ねての移動を検討される方の中で、レンタカー以外をご検討中の方にお勧めしたいのが、私鉄バスの利用です。

バスでは、静岡駅南口からのご利用が可能です。

情報項目 詳細
出発駅 静岡駅南口
路線 みなみ線小鹿経由
曲金三丁目・歯科医師会下車
日本平線日本平ロープウェイ行きへ乗り換え
日本平デジタルタワー着
所要時間 47分
交通費 720円

時間的には往復2時間程度を必要としてしまうのですが、公共機関だけでの異動の場合は、この異動が最も簡単な移動の方法となります。

タクシーではなかなか40分から50分程度必要となりますので、料金目安を確認しながらのご利用をお勧めします。