映画

【クリード2】マイケルBジョーダンの筋肉を造ったトレーナーは誰?

マイケルBジョーダンの筋肉

『クリード2:炎の宿敵』で見事な筋肉美を披露してくれたマイケルBジョーダン。

彼自身の努力は当然ですが、その裏には映画界に求められる役にぴったりの身体を造り出すフィジカル・トレーナーの存在があります。

マイケルBジョーダンは、デビュー当初からあんなに筋肉質だったわけではありません。

彼の肉体美をあそこまで磨き上げたトレーナーについて、掘り下げて調べてみたので、その内容をお伝えしますね!

マイケルBジョーダンのトレーナーの名前は?

前作の『クリード:チャンプを継ぐ男』のときもマイケルBジョーダンさんのトレーナーとして活躍したのは、コリー・キャレイさんでした。

この写真でケーキを持っている人です。

 

View this post on Instagram

 

Corey Callietさん(@mrcalliet)がシェアした投稿

その横にいるのは、マイケルBジョーダンさんですね。

コリーさんは、普通のフィジカル・トレーナーではなく、俳優(女優)さんのトレーニングができることで知られています。

それが専門ではなく、アメリカに蔓延する子供たちの肥満に対する啓もう活動やテレビ番組「リベンジ・ボディ(Revenge Body)」でも活躍しています。

ただ、演技する役のイメージにぴったりの身体を造り上げることが求められる映画界では、フィジカル・トレーナーとしての知識やスキルがかなり高くないと仕事は来ないはず。

ボディをsculpt(彫る)という言葉がピッタリくるぐらい、理想の身体へと変化させることができるのが、コリー・キャレイさんなんですね!

映画『ブラックパンサー』で、マイケルBジョーダンは、ガタイの大きなエリック・キルモンガー役を演じました。

そのままの体型では、クリード2のライト・ヘビーウェイト級ボクサーとしては大きすぎる。

そこでボクサー用のトレーニングを混ぜながら、身体を絞っていったそうです。

 

View this post on Instagram

 

Corey Callietさん(@mrcalliet)がシェアした投稿

キルモンガー役のときは、身体にブツブツみたいなものをつけていたので、違いがわかりにくいですが、見る人が見たらハッキリとわかる違いなのでしょう。

写真だけでは、なんとなくしかわからないですね。。。

スポンサーリンク








マイケルBジョーダンとの出会いはいつから?

コリー・キャレイさんがマイケルBジョーダンさんのトレーナーになったのは、映画『ファンタスティック・フォー』の収録からでした。

そこで意気投合し、それ以来、マイケルBジョーダンさんは前作クリード、ブラックパンサー、そしてクリード2のフィジカルトレーナーをコリーさんと決めているわけです。

コリー・キャレイさんと出会う前は、「いい身体」をしているとはいえ、このレベルでした。

それが、今回上映される『クリード2:炎の宿敵』では、こんな身体に改造されてしまったわけです。

前作よりも良い身体で登場することが大切だと語るコリー・キャレイさんの言う通り、ますますカッコよさを増してきたマイケルBジョーダンさん。

いまとなっては、ハリウッドで一番の肉体美を誇るといっても過言ではありません!

クリードのためのトレーニング内容は?

では、ボクサー役のマイケルBジョーダンになるために彼が実践していたトレーニングの内容はどんなものだったのでしょうか?

調べてみると:

1週間のうちトレーニングする日は、6日間

(ほぼ毎日やん・・)

トレーニング内容は、

  • 45分~60分の有酸素運動
  • 25回の腹筋を3セット(1日おき)
  • ジョギングマシンで1マイル(約1.6キロ)走る
  • 腕立て10回を2セット
  • ダンベル・カールを4セット
  • ボックス・ジャンプ、ジャンプ・スクワット、バーピー20回を3セットずつ
  • ボクシング用トレーニング

こんな感じです。

身体づくりが仕事の一部である俳優さんだからこそ、こなせるスケジュールかもしれませんが、毎日のようにトレーニングしていたんですね。

身体を鍛えたいヒト必読!マイケルBジョーダンから3つのアドバイス

そんな過酷なトレーニングを乗り越えて、あの肉体美を手に入れたマイケルBジョーダンさんが3つのアドバイスをしてくれています。

それらを紹介しましょう!

  1. 目的を持て:身体を鍛えることだけを目的にするのではなく、何か別のことを達成するために鍛えることを推奨しています。(例:マイケルBジョーダンさんの場合は、ボクシング上達のため)
  2. 休憩を取れ:筋トレの合間に、瞑想とバスケを取り入れているそうです。
  3. 犠牲を払え:やると決めたら、我慢する。これが大切!

筋トレだけじゃなく、仕事や人生においても同様のアドバイスが効きますね!

クリード2を観て、さらに圧倒されそうな予感がします。

まとめ

今回は、「【クリード2】マイケルBジョーダンの筋肉を造ったトレーナーは誰?」という題名でお伝えしました。

いかがだったでしょうか?

中途半端な気持ちでは、何事も達成できないことを思い知らされたような気がします。

頭をガーンと殴られたようです。

私(豆太郎)にとって、一番のダイエット法はハリウッド映画に出てくるスゴイ身体の俳優さんを見まくることかもしれません。。

『クリード2:炎の宿敵』の上映公開日が待ち遠しいです!

https://www.mamehabi.com/movie/creed2-desert