著名人・話題の人

夢屋まさるは先生だった!ジェンダーレス男子ってどういう意味?

夢屋まさるは先生?ジェンダーレス男子

こんにちは、豆太郎です!

おもしろ荘に夢屋まさるさんが出演して依頼、マネする人達が続出する「パンケーキ食べたい」ネタ。

そのネタの中で「ジェンダーレス男子の夢ちゃんです!」と言ってたところが引っ掛かります。

かわいいもの好きな女性を「演じている」キャラ設定は、なんだか作為的な気がするんですよね。

ホントのところはどうなのか、確認していきたいと思います。

夢屋まさるの「パンケーキ食べたい」ネタが流行るワケ

夢屋まさるさんの芸を後から知ってYouTubeで見たんですが、頭に残るフレーズネタなので当面は真似する人が多いでしょうね。

ちなみに元ネタとなったきゃりーぱみゅぱみゅの曲は、「原宿いやほい」です。

もうこの曲を選んだ時点で、勝ったも同然って気がします。

リズム感がたまらなく心地いいですよね。

この振り付けも真似したくなってしまいます。

この世界観をそっくりそのまま持ってきて、意味不明のネタとくっつけたらヒットした!

そんな感じですね。

いつまでも流行るネタでもなさそうなので、次はどんな手法で挑んでくるのか、楽しみです。

夢屋まさるはイケメン先生だった?

夢屋まさるさんが女性っぽいキャラで登場しているけど、実はイケメン先生として「勝負の夏~先生、勉強も恋も教えてください~」(AbemaTV)に出演していました。

現時点では「勝負の冬」が放送されていて、#11の【夢屋先生、再降臨】とあるように、出演されていますね!

ここに登場する夢屋まさるさんはイケメン先生役なので、あの女子っぽい雰囲気はありません。

もともと子役をされていたので、演じるってことに関してはプロなのではないでしょうか?

 

View this post on Instagram

 

歳を重なると面倒くさいことだらけ、だから何も知らない頃に戻りたいなぁ #5歳 #子供の頃は誰でも可愛い #喉と腰いたい

夢屋まさるさん(@yumeyamasaru)がシェアした投稿 –

「勝負の夏」での、イケメン先生ぶりを見ようと思って確認してみると・・・

「いや、待て!」

「もしかして、もしかして・・・ちょっと気持ち悪いぞぉ~。演技くさいぞ~。告白されて男として嬉しそうな感じがしないぞ~。」

本当は、カバちゃんとかに追随するジェンダーレス以上の存在かもしれない。。。

ジェンダーレス男子とは?

疑惑が深まったところで、ジェンダーレス男子とは何かを調べてみました。

これは英語で考えてみましょう。

gender(社会的な性)とは、社会によって定義される男らしさとか女らしさのことですね。

lessというのは、~がないという意味ですから、社会的な性がない。つまりどっちつかずな感じです。

ただ、ジェンダーレスというのは、自分が男であるとか女であるとか、そんなアイデンティティの話ではなく、単にファッション用語として使われているようです。

だから、ユニセックスの洋服や男性が女性ものの服を着たり、女性が男性ものの服を着ることを、「ジェンダーレス」と言っているらしいです。

だから、女装家とはちょっと違うニュアンスですよね。

「パンケーキ食べたい」ネタでは、りゅーちぇるさんのような話し方をしています。

あの話し方や「かわいいものが好き」ってところもジェンダーレスさを表現しています。

いや~、しかしジェンダーレス男子の肌のきれいなこと!

若いからかなぁ~。

一見するとタカラジェンヌみたいな印象を受けますね。

夢屋まさるさんのこの後どんな風にキャラを築き上げ、斬新なネタをつくっていくのか、楽しみです!