著名人・話題の人

こんまり批判炎上!米作家バーバラ・エーレンライクが消去したツイートは?

こんまり批判・バーバラ・エーレンライク

こんにちは、豆太郎です!

「こんまりメソッド」がNetFlixで注目を浴びていて「へぇ~、すごいなぁ」と思っていたらSNSで彼女に対する批判が炎上中!

批判しているのは、アメリカ(米)作家のバーバラ・エーレンライクさん。

バーバラさんや批判内容など、詳しく調べてみました。

こんまりに対する批判内容は?

米作家バーバラ・エーレンライクさんの炎上したツイート内容は、

I confess: I hate Marie Kondo because, aesthetically speaking, I’m on the side of clutter.

As for her language: It’s OK with me that she doesn’t speak English to her huge American audience but it does suggest that America is in decline as a superpower.

by Barbara Ehrenreich (2/5 1:44am) via Twitter

一文ずつななめ読みで丁寧に直訳すると:

I confess: 私は告白する

I hate Marie Kondo 私は嫌いまりえ・こんどうのことが

because, なぜなら

aesthetically speaking, 美学的な観点からすると

I’m on the side of clutter. 散らかっているほうがいい。

As for her language: 彼女の話すことばについて

It’s OK with me (that 以降のことについて)私は別にいいんだけど

that she doesn’t speak English 彼女が英語を話さないこと

to her huge American audience ものすごい数のアメリカの視聴者に対して

but it does suggest でも、それは示唆する(doesを入れることで強調)

that America is in decline アメリカが衰退している状態

as a superpower. スーパーパワー(超大国?)としての

この直訳を元に豆太郎流の意訳をすると:

ハッキリ言って、私はまりえ・こんどうが嫌いだわ。

だって、私は散らかっている方がキレイだと思うからね。

こんなにたくさんのアメリカの視聴者に対して、こんまりが英語を話さない。アメリカもなめられたもんね。

別にいいけど私は。

こんな風に受け止めれるって意味で、意訳してます。

衝撃!実は削除された最初のツイート

このツイートが炎上している理由は、アメリカは多民族国家で、英語が母国語ではない人もいるわけです。

そして、「スーパーパワー」というコトバが、英語を日本人(外国人)であるこんまりに話すことを強要しているようにも捉えられるからですね。

しかし、これだけじゃなかった。

実は最初に投稿したツイートはもっと激しかったらしいのです。

それがコメントの中にありました。

I will be convinced that America is not in decline only when our de-cluttering guru Marie Kondo learns to speak English.

これも一文ずつ丁寧に解説しますね。

I will be convinced (that 以下のことを)私は確信するだろう

that America is not in decline アメリカは衰退していないと

only when (以降のこと)になって初めて

our de-cluttering guru Marie Kondo 片づけの「グル(教祖)」であるまりえ・こんどうが

learns to speak English. 英語を話すことを学ぶ

では、大好評の豆太郎流の意訳をご紹介しましょう!

まりえ・こんどうが英語が話すことを学んだらアメリカが衰退してないって確信するわ

って、削除されたものより、今の方がキツイ感じがするなぁ。

大きな違いは、

削除されたものは、こんまりに英語を話すことを学ぶように強要している印象を与えるのに対して、いまのものはこんまりが英語を話さないという事実を述べていること。

英語に対してものすごいコンプレックスを抱えさせらている日本人にとっては痛いところをつかれているので、なんかイヤな感じがします。

できるのにできないと勘違いしている人が多いですもんね。

日本人がアメリカ人的気質をもっていたら、「オフ・コース、アイ・キャン・スピーク・イングリッシュ!」って胸を張って言うと思うんですけどね!

バーバラ・エーレンライクって誰?

さて、炎上したツイートを書いたバーバラ・エーレンライクさん。

誰なのでしょうか?

米作家でたくさん本の著者ということで日本語翻訳されているのかな~と検索してみると、5冊くらい翻訳されていました。

Wikiによると翻訳されていないものも含めると21冊の著作があります。

アメリカ国内の階級とか経済格差とか、そういった内容の本が多いですね。

本だけではなく、タイム誌やニューヨークタイムズなどの超大手メディアでエッセイやコラムを書く大物です。

社会主義で格差社会に対する批判をしていて政治活動家でもあるため、ことばや姿勢が激しい印象があります。

こんまりさんは、アメリカでのビジネス展開をしていて、こんまり・コンサルタントの資格制度を設けているんですよね。

こんまり認定コンサルタントになるのに2,000ドル(約20万)かかります。

こんまりさんが、NetFlixで大人気になっている状況や家元制度的なビジネスモデルなどを展開していることも批判の的になってしまった原因だと思います。

今回の批判炎上について、今後どのような展開になっていくのでしょうか。

「英語」という痛いところを突かれた状況ですが、プロデューサーが意図的に日本らしさを出すための演出だと思うんですけどね。

今後のこんまりさんのアメリカでの活躍を見守っていきたいです!